ご予約はこちらへ

キャンペーン情報

エコー検査、姿勢改善プログラム、トリガーポイント療法、接骨、関節調整、はり灸マッサージ、リハビリ、他最新治療機器を完備。痛みの治療は当院にお任せ下さい。

◎お知らせ◎
 この度当院は柔道整復師卒後臨床研修施設として認定されました。これは国家資格取得後,規定の臨床年数と開業年数、また高い技術と知識を持っていると認められて認定されます。
国家資格者の指導院としても今後さらなる技術・知識の研鑽に努めて参ります。
                          

編集

治療案内

あいわ接骨院は治療に入る前の問診を非常に大切にしております。痛みの原因を正確に知る為です。そして患者様にも何で痛みが起きるのか、これからどんな治療が必要なのか、イメージを持っていただくために模型やイラスト、体を使い出来るだけ分かりやすく説明することを心がけております。
治療は母指を使ったトリガーポイント療法を主体に行いますが、症状に合わせて東洋医学、西洋医学共に取り入れております。例えばぎっくり腰の初期には治療機器も多用し、外反母趾(がいはんぼし)には筋力強化・ストレッチに加え、足底板(インソール)の作成、頭痛や疲労または不眠・不安感などの自律神経症状には経絡治療、その他、産後の骨盤調整、日常生活や運動パフォーマンスの向上にテーピング、マッサージといった具合です。西洋・東洋医学の区別なく、患者様にとってどんな方法が一番最適かを考えて治療にあたっております。

治療案内

トリガーポイント療法

筋肉の痛みの引き金」となる点。それがトリガーポイントと呼ばれるもので、我々の施術指針となるものです。それは筋肉に存在し、痛みがあると手は自然とその場所を探り始めます。いわゆるコリやツボと呼ばれるものに似ているのですが、少々異なるものです。トリガーポイントは自覚する場所と異なった場所にも存在し、押した時に普段感じている症状が再現され、深く響くという特徴があります。まさに痛みの引き金となる場所なのです。例えば首や肩が痛い時、レントゲン検査により椎間板(骨間にあるクッション)が減っているから、あるいは骨が変形しているから、と指摘されます。しかし、筋肉のトリガーポイントを治療することで痛みが消失することは非常に多いのです。この場合は痛みを出している原因が椎間板や骨ではなく、筋肉内に存在した、と言えます。もちろん骨の変形が直接痛みに関わることもありますが、レントゲン上は同じ骨の変形でも、痛みが全く出ないという方が多い事も臨床上の事実です。
また、痛みの発生源であるトリガーポイントはレントゲンやMRI、血液検査でも見つけられない為、見つける為には治療師の知識・経験・技術が必要不可欠となります。当院はこのトリガーポイントに指を当てて治していく施術を得意としております。検査上問題がないのにも関わらず痛みがある、治らない、という方は是非一度お試し下さい。トリガーポイント療法はひとりひとりの体に合わせて行いますので、痛みに弱い方にも安心です。

トリガーポイント療法

運動療法

痛い部分があると人は無意識にかばい、楽な姿勢を探し始めます。その習慣が現在の姿勢であり、無理に良い姿勢に変えようとしても、なかなか体には馴染みません。痛みの原因を取り除いた上で、新たに正しい姿勢、動きを体に覚えてもらうことが必要です(再教育)。
当院は生活習慣の中で使いすぎて弱くなった筋肉、あるいは硬く伸び難くなった筋肉、関節を特定して施術することにより姿勢改善に役立てます。また、日常生活での運動・体操アドバイスもこれを基に行いますので、「毎日体操しているのに良くならない!」「雑誌で見た通り運動しているのに痛くなってしまった!」という方は是非ご来院下さい。やり方を少し変えるだけで格段に効果が上がるかもしれませんよ。院内にあるリハビリスペースには運動器具も用意してあり、チューブトレーニング、ストレッチポール等もご利用できます。当院は継続的な効果を目指して痛みの改善から筋肉の再教育まで、積極的に取り組んでおります

運動療法

鍼灸(はり・きゅう)

皆様は鍼灸に対してどんなイメージをお持ちですか?
おそらく「効果はありそうだけど、なんか怖い」と感じている方が多いのではないでしょうか。
テレビや雑誌などで体中に鍼を何十本も刺しているのを見て怖くなったり、注射の痛みをイメージしている方も多いと思います。
しかし実際に受けてみると、思いのほか痛くない事が分かるはずです。
鍼の太さや長さ、素材には色々な種類がありますが、当院で最もよく使う鍼は直径0.16㎜~0.18㎜と、髪の毛とほぼ同じ太さの鍼です。(症状や体質によって1人1人鍼の太さや長さを選んでおります)
そして治療においては最少刺激・最大効果を目指しているため、必要最小限しか鍼を使いません。東洋医学における治療とは、体に備わっている自然治癒力を引き出すものである、との考えからです。
さて肝心の鍼灸の効果ですが、実に様々な症状に対して効果を発揮します。腰痛肩こりはもちろん、五十肩捻挫、腱鞘炎などは急性・慢性問わず適応します。
また、東洋医学としての鍼灸がその特異な効果を発揮するものとして、胃腸障害慢性頭痛、倦怠感、不眠など自律神経疾患婦人科疾患などがあります。
鍼灸は万能ではありませんが、適応疾患が多いのが東洋医学の特徴でもあります。
☆当院で使用する鍼は全てディスポーサブル(使い捨て)であり、また皮膚や筋肉へのストレスを抑える為、高品質な日本製の鍼を使用しております。


鍼灸(はり・きゅう)

足底板(インソール)

足底板(インソール)

個々に合った部分インソールを作成することにより、脚の形から骨盤、歩行を矯正します。
施術と組み合わせることにより、より高い効果を発揮します。

足底板(インソール)施術前→施術後

このページの先頭に戻る

当院で使用する物理療法機器の紹介

ES-520

<2/4極干渉波・EMS・RUSSIAN・TENS・Hi-Voltage・MCRの7種の電気療法モードを搭載した統合電機療法装置>


ES-520

プロスポーツ界でも幅広く使われている話題の治療器です。これは優れた鎮痛効果に加え、自然治癒力を高めて、痛めた組織の修復を早めます。また、プログラムを変えることにより、筋力の強化をすることも可能です。北京オリンピックにも持ち込まれ、日本選手の治療に効果を発揮した機械です。また、スポーツによるケガ・リハビリだけでなく、ぎっくり腰やけんしょう炎、神経痛ほか日常生活での慢性的な痛みにも高い効果を発揮します。当院が自信を持って使用する高電圧特殊電気治療器をぜひ体験してください。

マイクロ波治療器PM-820

マイクロ波治療器PM-820

<正確なパルス発振により身体深部の生体組織を加温>


ピーク値200Wの出力で生体組織内の温度を上げ、血液循環を促進させることで神経、関節、筋肉などを効率よく治療します。従来のマイクロ器と大きく異なり、周辺への電磁波の影響を抑え、より深部へ、心地良い温感による治療が可能となりました。

ドクターメドマーDM-5000EX

ドクターメドマーDM-5000EX

<足/腕用エアーマッサージ>


足にたまった血液、リンパ液および余分な水分を効果的に中枢に戻します。リンパ浮腫やむくみの改善に最適な機械ですが、体温の上昇も見られ、疲労回復や神経痛、筋肉痛にも高い効果を発揮します。その気持ちの良さから当院でも人気の機械です。足が重い、こむら返りを起こしやすい、という方には特にお薦めです。

ローラーベッドDZ-160

ローラーベッドDZ-160

<ベッド型多機能マッサージ治療器>


仰向けに寝た状態で、背中の下にあるローラーが動きます。優しいマッサージ効果により筋肉をほぐし、血行を改善。更に運動効果を与えることで、身体機能の回復もサポートします。「軽叩法」「揉法」「指圧法」「振動法」「金魚運動」など症状に合わせた機能が選べ、快適かつ効果的な治療器です。

ホットマグナー

ホットマグナー

<磁気加振式温熱治療器>


磁気+振動+温熱を同時に発生させることで、身体を温めて細胞をよみがえらせる温熱機器です。施術中も出来る限り多用し、基礎代謝の向上をUPさせます。

低周波治療器MZ-7304

低周波治療器MZ-7304

痛みをとる、血行を良くする、筋肉を柔らげることを目的とした治療器ですが、従来の鋭い電気刺激ではなく、マイルドな感覚で受けられる新しい低周波治療です。1/fゆらぎモードの導入により、周波のパターンもよりリラックス効果をひきだすものとなりました。電気治療は苦手だ、という方もこれならば大丈夫との声を多く頂いております。

このページの先頭に戻る

治療の流れ

  • 問診・触診、姿勢・動きなどを参考に痛みの原因を探します
  • トリガーポイントを中心に指を使って施術
  • 痛みのせいで硬くなった筋肉や、関節を必要に応じストレッチ
  • 患部に最も適した機械を使い物理療法(電気刺激が苦手な方は遠慮なくお申し出ください)
  • 日常生活での注意点や、必要なストレッチ、運動等をアドバイス
  • 必要な方には、リハビリスペースで一緒にセルフストレッチの確認やトレーニングも行います

※症状により、問診後の治療法は異なる場合があります

このページの先頭に戻る

Q&A

接骨院はどんな時に行くの?

ねんざや骨折・脱臼のリハビリはもちろん、交通事故によるムチ打ちや打撲も各種保険を使用して通院できます。肩こりや腰痛(ヘルニア、分離すべり症、脊柱管狭窄症なども含む)、ひざの痛み、五十肩、けんしょう炎、こむら返り、外反母趾、各種スポーツ障害、頭痛、不眠、倦怠感、ストレス、疲労、脳梗塞リハビリ、予防、健康維持など、他にも体の様々な不調でご来院いただけます。

行って中を見たいのだけど・・

ご案内しますのでいつでもおいで下さい。中の雰囲気は外からだと分かり難いものです、どんなことをするのか、どんなスタッフなのか、入ったからには治療を受けなければ・・・ はじめての治療院に入るのは勇気がいるものです。相談だけでももちろん構いません、お気軽にいらして下さい。

痛い治療をされるのがこわいのだけど大丈夫?

たとえば骨折のリハビリなど、硬くなった筋肉を緩める為に少々痛みを伴うことがあります。必要なこととはいえ、やはり痛みは最大のストレスになります。当院は不要なストレス(痛み)を与えぬよう、しかし最大限の効果が出せるよう一人ひとりに会った施術をおこないます。安心してご来院下さい。

学生でも大丈夫?

当院は様々な年齢層の方が通院しております。ケガをした小学生、成長痛や腰痛を持った中学生、肩こりや頭痛の高校生。スポーツで体を痛めた大学生など。特に近隣大学の柔道部、レスリング部、テニス部、アメフト部、野球部、サッカー部など、運動部の方々が多く来院し、ケガの治療だけでなくトレーニング方法や試合でのパフォーマンスの向上アドバイスも行っております。学生の方には経済的負担が減るよう学生割引もしております。

接骨院の資格って?

私たちは柔道整復師という資格で治療を行っています。3年間学校に通い、解剖学・運動学・生理学・リハビリ学・臨床学などを学んだ後、国家試験を受けて柔道整復師となります。当院の治療師は全員接骨院だけでなく、整形外科での臨床研修も長く積んでおります。また毎日の院内ミーティング・練習会の他、外部講習会にも積極的に参加し、より良い治療が皆様に提供できるように日々精進しております。

痛い時は冷やせばいいの?それとも温める?

これは皆さん迷う事が多いと思います。来院して頂いて我々が判断出来れば一番良いのですが、旅行先だったり、家から出られない場合もあると思います。基本的には急性の痛み(ひねったりぶつける、ぎっくり腰になる、もしくは片頭痛等)は患部を冷やします。それ以外は温めた方が良いです。冷やす時は氷水を入れたビニール袋、アイスノン等を使い(凍傷に気をつけて下さい)、温めにはカイロや電気毛布ではなく、マフラーなどの衣服、湯たんぽを使い、保温を心がけて下さい。ただし、冷やしたり温めた時に痛みが増したならば、すぐに中止すべきです。迷った時はお電話でも結構ですのでご相談下さい。

痛みというほどではない、気になるところがあるのだけど、みてもらえる?

もちろん大丈夫です。日常生活には困らないから今まで放っておいた、病院に行く程の痛みではない、という方もお気軽にいらして下さい。小さな不調は体からのサインです。深刻な痛みに変わる前に予防しておく事が一番です。

当院の患者層は様々であり、学生さんから社会人、主婦、90歳を超えた方もいらしております。接骨院は病院よりも気軽に足を運べる場所であり、そう思われる場所でありたいと願っております。痛みの治療から予防、疲労の回復から健康増進まで様々なニーズに応えられるよう、門戸を広く開けてお待ちしております。


あいわ接骨院受付

このページの先頭に戻る

来院患者様症例

○肩こり ○四十・五十肩 ○上腕二頭筋腱炎 ○肩関節不安定症(ルーズショルダー)○インピンジメント障害 ○腱板損傷 ○頚椎症 ○頚椎ヘルニア ○胸郭出口症候群 ○斜角筋症候群 ○後縦靭帯骨化症 ○むち打ち症 ○顎関節症 ○寝違え ○片頭痛 ○緊張性頭痛 ○顔面神経麻痺 ○三叉神経痛 ○肋間神経痛 ○テニス肘・野球肘 ○肘部管症候群 ○ひじ関節捻挫 ○ばね指 ○手根管症候群 ○TFCC障害 ○けんしょう炎 ○マレットフィンガー ○手のしびれ ○背中の丸まり ○腰椎ヘルニア ○分離すべり症 ○脊柱管狭窄症 ○側弯症 ○ぎっくり腰 ○腰椎椎間板症 ○腰椎圧迫骨折 ○坐骨神経痛 ○梨状筋症候群 ○変形性腰椎症 ○変形性股関節症 ○弾発股 ○腸脛靭帯炎 ○変形性ひざ関節症 ○ひざの水がたまる ○ひざ半月板損傷 ○ひざ前・後十字靭帯損傷 ○ひざ側副靭帯損傷 ○こむら返り ○アキレス腱炎 ○足関節ねんざ ○腓骨筋腱脱臼 ○リスフラン関節捻挫 ○外反母趾 ○内反小趾 ○足底腱膜炎 ○偏平足 ○かかとの痛み ○更年期障害 ○生理痛 ○骨盤障害 ○不眠 ○ぼうこう炎 ○耳鳴り ○各部のむくみ ○ストレス ○各部の疲労 ○全身疲労 ○各部骨折・脱臼のリハビリ ○肉離れ ○打撲 ○脳梗塞後のリハビリ ○体のふらつき ○歩行時の足のもつれ ○めまい ○自律神経失調症


など、上記以外の症状の方もご相談下さい。

このページの先頭に戻る
upsystem - アップシステム -